新幹線殺傷事件 「温度差」感じさせる容疑者親族の発言

日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(写真/共同通信社)

日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(写真/共同通信社)

 「あなたに話しても、あの子の刑が軽くなるわけじゃないでしょ。警察の方でも『おばあちゃんはしゃべりすぎるからいかん』って言われてるのよ。私が怒られちゃうのよね」

 名鉄名古屋本線の美合駅から車で5分ほど。愛知県岡崎市のはずれにある一戸建てで、初老の女性がまるで世間話でもするかのように答える。日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(22才)の祖母にして、彼と養子縁組を交わし、事件直前まで同居していた女性(81才)である。

 「昨日、一昨日と2日間警察に行ってね。忙しいんですよ。ごめんねー」

 そう言いながら、玄関に戻っていく祖母の姿に、悲壮感は感じられない。

 殺人容疑で小島容疑者が逮捕されて3週間近く。この間、鉈と果物ナイフで小島容疑者が無差別に人を襲った様子や、血まみれの車中が克明に報じられてきた。

 車内で女性を守ろうとして殺害された会社員男性、梅田耕太郎さん(享年38)の葬儀も終わり、6月18日には妻がコメントを発表。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ