「逮捕されちゃったぜメーン」 人気ラッパー「D・O」逮捕の衝撃 裏の顔は大麻密売の「首謀格」か

 【衝撃事件の核心】

 多くの若者の支持を集める人気ミュージシャンの“裏の顔”が白日の下にさらされた。警視庁組織犯罪対策5課が6月、大麻取締法違反(営利目的所持)などの疑いで、ヒップホップミュージシャン「D・O(ディー・オー)」こと君塚慈容(しげやす)容疑者(39)を再逮捕した。組対5課によると、君塚容疑者は米国から販売目的で大麻を密輸する「密売の首謀格」として暗躍していた疑いがあるという。ヒップホップ界では違法薬物にまつわる事件が相次いでおり、捜査当局は業界内での“薬物禍”の拡大に警戒を強めている。

独特の言動で人気

 「逮捕されちゃったぜメーン」「パクられちゃったメーン」。君塚容疑者の逮捕の一報が報じられた6月28日朝、短文投稿サイト「ツイッター」にはこんな投稿があふれた。

 三つ編みにした長髪をなびかせ、全身に入れ墨を施し、口元にはめこんだ金歯がきらりと光る-。「いいぜメーン」など語尾に「メーン」とつけるのがお決まりのフレーズで、その言い回しをもじって感想を綴るネットユーザーが続出したのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ