オウム死刑執行 高橋シズヱさんが会見「もっと彼らには話してほしかった」「心残り」

 「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人の高橋シズヱさん(71)は、6日午前、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、元幹部らの死刑が執行されたことに「心残りがある」と話した。

 高橋さんは、麻原彰晃死刑囚(63)の死刑が執行されたと聞いたときは「あ、会見しなくちゃいけないんだな、と緊張した」という。ただ、その後、井上嘉浩(48)、中川智正(55)、遠藤誠一(58)の各死刑囚らも執行されたことを知ると「動悸(どうき)がした」と振り返った。

 「今後のテロ防止ということで、もっと彼らには色々なことを話してほしかった」と高橋さん。「それができなくなってしまったなという心残りがある」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ