オウム死刑執行 13人の死刑が確定 逃走していた3人の逮捕で公判再開

 オウム真理教による一連の事件をめぐっては、平成23年にいったん刑事裁判が終結したが、その後、逃走していた3人が逮捕され、公判が再開された。これまでに13人の死刑と6人の無期懲役が確定。2人は全面無罪となった。

 死刑囚は、坂本堤弁護士一家殺害事件(平成元年)▽松本サリン事件(6年)▽地下鉄サリン事件(7年)-の3大事件のいずれかに関与しており、最も確定が早かったのは宮前(旧姓・岡崎)一明死刑囚(57)で、すでに確定から13年が経過している。13人目の死刑囚となった遠藤誠一死刑囚の死刑が23年12月に確定したことで、オウム裁判は終結した。

 ところが、この年の大みそかに、逃亡を続けていた元幹部、平田信受刑者(53)=懲役9年確定=が警視庁に出頭。同様に逃亡していた元信者、高橋克也受刑者(60)=無期懲役確定=と、元信者の女性=無罪確定=も24年に逮捕され、裁判は再開した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ