オウム死刑執行 悔しさは、消えない 遺族・被害者の思いは-

 日本を震撼させた未曽有の無差別テロを起こしたオウム真理教の元教祖、麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら7人に対する死刑が6日、執行された。平成7年の地下鉄サリン事件などの一連の事件では計29人が死亡。麻原死刑囚の逮捕から約23年を経ても、首謀者が自らの言葉で事件の真相を語ることはなかった。「その時が来た」「終わったね、と言ってあげたい」。遺族や被害者はそれぞれの区切りを受け止めた。

 「麻原死刑囚の執行は当然。その時が来た、それしかない」。執行を受けて会見した「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人の高橋シズヱさん(71)は、静かに語った。

 営団地下鉄(現・東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫の一正さん=当時(50)=は、地下鉄事件でサリン入りの袋を片付けようとして命を落とした。

 「結婚24年の記念旅行の話をしているときに事件があった。今、事件から23年と数カ月。オウムに振り回された人生だった。それを思うと本当に悔しい」。そう話すと、涙を見せた。

 一正さんの代わりに真実を知ろうと、刑事裁判の法廷に足を運び、約500回傍聴。多くの死刑囚の横顔を見てきた。自己中心的。後悔が見える。教団を奪ったら壊れてしまいそう…。さまざまな姿があった。麻原死刑囚の不謹慎な態度も目に焼き付いている。

 一方、麻原死刑囚以外の6人については「今後のテロ防止ということで、もっと彼らにはいろいろなことを話してほしかった。それができなくなってしまった心残りがある」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ