西日本豪雨 鉄道寸断、高速道路も通行止め相次ぐ

 降り続く大雨の影響で、西日本の交通網は7日も大きく乱れた。山陽新幹線は新大阪-小倉間で始発から運転できない状態が続き、本数を限定して再開するまでに半日を要した。JRの特急や在来線でも、近畿圏や四国などの多くの路線で運転を見合わせ。高速道路でも通行止めが広がった。

 JR西日本によると、1時間当たりか5日間連続の降水量のいずれかが基準以上に達した場合、路線の運休を決める。今回は雨が降り続いており、線路の安全確認に時間がかかっているため、新幹線を含む多くの路線の復旧が遅れている。

 在来線では、関西、名古屋と北陸を結ぶ「サンダーバード」や「しらさぎ」など特急計265本の運休を決めるなど、多数が運休。京都と大阪、神戸を結ぶ大動脈の東海道線は運行しているが、新快速の運転は始発から見合わせている。

 JR西日本広島支社によると、広島市安佐北区の芸備線白木山-狩留家(かるが)間で7日、三篠川に架かる橋が崩落した。増水により橋脚が損傷したことが原因。けが人はいなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ