西日本豪雨 岐阜・関市の軽乗用車内で男性が死亡、2人重傷 7河川があふれる

 記録的な大雨により岐阜県では7日夜から8日未明にかけて、関市の津保川など7河川で水があふれ、住宅が浸水したり、道路が冠水したりする被害が出た。関市で70代とみられる男性が死亡したほか、側溝にはまった60代女性が足首の骨を折り、岐阜市では男性(37)が雷に打たれて重傷を負った。

 関市の男性は、同市によると8日午前11時ごろ、同市上之保の用水路に横転していた軽ワゴン車の中で関消防署員が発見、その場で死亡が確認された。女性は8日朝、家の周りで土砂の片付けをしていた。

 岐阜市によると、男性は7日午後10時45分ごろ、岐阜市忠節町の長良川付近を歩いていて雷に打たれた。救急搬送時、意識はあったという。当時、同市には雷注意報が出ていた。

 県によると水があふれたのは津保川の他に、関市の武儀倉川と小那比川、下呂市の飛騨川と菅田川、岐阜市の福富川、郡上市の和良川。県などがそれぞれの被害状況を詳しく調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ