西日本豪雨 透析患者をヘリで救助 愛媛・宇和島、海保が映像公開

 福岡海上保安部所属の巡視船「やしま」の搭載ヘリコプターが8日、西日本豪雨で被災した愛媛県宇和島市で、人工透析患者をつり上げて救助し、病院に搬送した。海上保安庁が救助の様子を撮影した写真、映像を報道機関に公開した。

 8日午後4時25分ごろ、宇和島市吉田町の集会所に避難していた女性(76)を、機動救難士がかかえてワイヤでヘリにつり上げ救助。9分後には市立宇和島病院の屋上ヘリポートに到着し、病院に引き継いだ。

 女性は人工透析が必要だったが、道路が寸断されて救急車がたどり着けなかったという。市が第6管区海上保安本部(広島)に搬送を要請した。

 豪雨被害で海保は8日までに巡視船艇延べ52隻、航空機延べ11機を投入、行方不明者の捜索や負傷者の搬送に当たった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ