西日本豪雨 目の前で親子4人の車が濁流に…女児2人不明「何の力にもなれなかった…」近所住民慟哭

 救助の手は届かず、濁流が子供たちをのみ込んだ。記録的な豪雨で、道路の陥没や冠水が相次いだ広島市安芸区で6日夜、母子4人が乗った車が川に落下して流された。母親と長男は救出されたが、2人の女児は行方不明に。9日早朝も、捜索が行われた。

親子が乗った乗用車が川に転落した現場で捜索活動を行う消防隊員ら=8日午前、広島市安芸区(恵守乾撮影)

親子が乗った乗用車が川に転落した現場で捜索活動を行う消防隊員ら=8日午前、広島市安芸区(恵守乾撮影)

 6日午後7時すぎ、広島市安芸区畑賀の畑賀川沿いの道路で大きな陥没が発生し、車が川の中に転落した。「雷みたいな音がして道路が突如陥没したが、助けてあげられなかった。何の力にもなれなかった」。現場近くに住む女性(32)は涙ぐむ。

 この女性は、転落した車の上によじ登って助けを求める、家族の長男とみられる少年の姿を見た。消防隊員らが拡声器で「頑張って。つかまって」と呼びかける。泥だらけの短パンとTシャツ姿の少年も何かを叫んだが、濁流の轟音にかき消され声は聞こえない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ