西日本豪雨 「親友が家ごと流された」「息子がまだ中に」…救助続く広島、重機入らず捜索難航

親子が乗った乗用車が川に転落した現場で捜索活動を行う消防隊員ら=8日午前、広島市安芸区(恵守乾撮影)

親子が乗った乗用車が川に転落した現場で捜索活動を行う消防隊員ら=8日午前、広島市安芸区(恵守乾撮影)

 記録的な豪雨に伴う土砂災害の被害が出た被災地では9日も懸命の救助活動が続いている。「なんとか無事でいてほしい」。知人や親族らは安否不明者の無事を祈るが、大量の土砂やがれきで重機を入れることが困難な場所も多く、警察や消防、自衛隊などの捜索活動は思うように進まず、難航している。

広島県熊野町の土砂崩れ現場=9日午前

広島県熊野町の土砂崩れ現場=9日午前

 捜索始まらず

 土石流が複数家屋を押し流すなど、土砂崩れに巻き込まれた12人が行方不明となっている広島県熊野町。

 「まだ息子が自宅にいるんです」。同町川角の会社員、上林真哉さん(55)は8日、安否が分からなくなっている30代の息子2人を案じ、焦燥感を募らせていた。警察や消防に助けを求めているが、捜索する場所が多いためか、自宅周辺の捜索がなかなか始まらないからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ