西日本豪雨 変わり果てた3歳愛娘…人目はばからず泣き崩れる父 広島・福山

甲斐朱莉ちゃんの通夜の会場から出る参列者ら=9日、広島県福山市(渡辺恭晃撮影)

甲斐朱莉ちゃんの通夜の会場から出る参列者ら=9日、広島県福山市(渡辺恭晃撮影)

 広島県福山市では豪雨の影響でため池が決壊し、濁流にのみ込まれた同市駅家町向永谷(えきやちょうむかいながたに)の保育園児、甲斐朱莉(あかり)ちゃん(3)の遺体が見つかった。9日には通夜が市内の斎場でしめやかに営まれ、会場には悲しみが広がった。「心が痛い」。朱莉ちゃんの親族の男性は、こうつぶやいた。

 朱莉ちゃんは7日夕方、自宅で母親らと一緒にいたところを濁流に流された。「元気いっぱいの女の子で、顔は父親にそっくりだった」。朱莉ちゃんと同じ年齢の子供がいるという近所の会社員の男性(37)は、言葉を絞り出すように話した。甲斐さん一家とは家族ぐるみの付き合いだったという。

 朱莉ちゃんが行方不明になってから、近隣住民や消防などが約300人態勢で捜索にあたった。「おった!」。広島県警などによると、行方不明になってから約20時間後、朱莉ちゃんは自宅から約300メートル離れた別の池で遺体で見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ