西日本豪雨 行き場を失ってあふれ出すバックウオーター現象「どこでも起こる」

 本流の水位上昇→支流入れず、あふれる→堤防決壊

 濁流が住宅街に押し寄せた岡山県倉敷市真備町地区。県などへの取材で、同地区では高梁(たかはし)川の支流で5カ所の堤防の決壊が確認されたことが分かった。決壊の一因として、豪雨などで水位が高まった川が支流の流れをせき止める「バックウオーター現象」が起きた可能性があり、専門家は「決して特異な事態ではない」と警鐘を鳴らす。

 「ここまでの洪水は経験がない」。真備町有井の会社員、小西哲司さん(47)は9日、浸水した自宅の片付けに追われていた。子供のときから住んでいるが、大型とされた台風が通過した際もここまでの被害はなかったという。

 未曽有の被害をもたらした原因とされるのがバックウオーター現象。豪雨などで川の本流の水位が上がることで、本流に流れ込むべき支流の水が、壁にぶつかるように流れを阻害され、行き場を失ってあふれ出す現象を指す。

 国土交通省によると、真備町では、高梁川の支流の小田川で決壊が2カ所発生。岡山県も、ほかの支流3カ所の決壊を確認しており、いずれも川の合流地点付近という。地形的にも高梁川と小田川に挟まれてたまった水の逃げ場がなく、浸水が長引き、その範囲は約1200ヘクタールに及んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ