西日本豪雨被災地で「レスキュー隊装った窃盗団出現」などデマ拡散

 7月6~8日にかけて西日本を中心に発生した豪雨に関連し、Twitter上では「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入った」「大阪ナンバーのセレナやパジェロには気を付けるように」などの不確定情報が多く投稿されている。

広島県警による注意喚起

広島県警による注意喚起

 「(窃盗グループが)『土砂崩れが起こるから逃げて』と言った後に空き巣を行った」といったエピソードや、車のナンバーなどの具体的な情報が投稿されているケースもある。

 だが広島県警によると、こうした情報は事実ではないという。広島県警は同日、公式Webサイトと公式Twitterを更新し、「『窃盗グループが被災地に入った』などの情報が拡散されていますが、警察ではそのような事実は把握していません」などの声明を発表した。

 「デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は、情報の発信を確認しましょう」「不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください」と注意を呼びかけている。

 また、被災地への義援金募集・見舞金支給をかたる詐欺が発生する恐れもあるとして、公的機関の職員を名乗る者から連絡があった場合はうのみにしないよう注意喚起している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ