西日本豪雨 「避難が5分早ければ」小学生男児と母、祖母が被災

 住宅の裏山にある斜面は、以前から土砂災害の危険性が指摘されていた。今年春ごろの工事で住宅脇のフェンスが新しくなり、祖母も「良かった」と喜んでいたという。だが土砂はフェンスとフェンスの隙間から押し寄せた。この地区に住む男性は「行政は何か対策を打てなかったのか」と悔しそうに話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ