西日本豪雨 裏山崩壊、娘と孫2人に手向けた花束…被災地に響く泣き声、広島・熊野町

 現場では、自衛隊員らがアルバムや2人の孫が描いた絵を見つけ、保管していた。清原さんは10日、一つ一つじっくり確認しながら、持参したリュックサックに入れていった。

 「優太はレギュラーじゃないがサッカー部で熱心にやっていた。健太は小さいときから車が好きだった」。7月が誕生日の優太さんには毎年ケーキを買っていたが、今年はかなわなかった。

 最後に捜索を続ける消防、自衛隊員らに向かって「ありがとうございました」と一礼。つえを突きながら、ゆっくりと土砂にまみれた住宅地の坂を下りていった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ