西日本豪雨 ダムから放流された濁流、町をのみ込む…母失い「むなしい」 愛媛・西予市

 活発な梅雨前線による西日本豪雨で、5人が犠牲となった愛媛県西予市野村町。野村ダムから約3・5キロ離れた川沿いの地区では家が濁流に呑み込まれ、押し流された。

 7日朝、野村ダムから放流された濁流が町を一気に呑み込んだ。小玉由紀さん(59)は近くに住む一人暮らしの母、小玉ユリ子さん(81)を失った。午前6時ごろ、豪雨のなか新聞配達を終えて自宅に戻った。夫の恵二さん(59)から「これまでに流したことのないダムの放流がある」と聞かされ、川をのぞくと水位が上がっていた。

 「ザバン、ザバン」という川の音が響くなか、まず息子夫婦らが水に浸かった三島橋を渡り、対岸へ逃げた。同6時40分ごろ、夫婦は軽トラックで母を連れに行こうとしたが、すでに車が浮いた状態になったため、急いで近くの家に避難した。水の勢いは止まらず、避難先の2階まで押し寄せたため、屋根に登って救助を待った。

 由紀さんは「増水のスピードは速かったが、引くときはあっという間。たったの3、4時間で元に戻る」と話す。新築して6年の家は「まったく使える状態でない」と嘆いた。恵二さんが経営する畳店の機械も水に浸かり、使えないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ