西日本豪雨 新潟県警の緊急援助隊活躍 任務終え12日帰県へ

 西日本豪雨を受け、新潟県内からも救助や支援の動きが活発に行われている。8日に広島県坂町に入った県警の広域緊急援助隊18人は懸命な捜索、救助活動を行った。

 任務を終え、12日に帰県し、新潟市東区の機動隊庁舎駐車場で帰県報告を行う予定だ。

 新潟市は9日、市職員4人を先遣隊として岡山県総社市に派遣した。必要な物資などの情報を集め、本格支援につなげる。他の自治体も飲料水やブルーシートを送るなど支援を行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ