西日本豪雨 一時「陸の孤島」の呉に支援物資 大阪の自治体などが食料品

 西日本豪雨で道路が寸断され、一時「陸の孤島」となっていた広島県呉市に12日、大阪府内から集まった水や衣服などの支援物資が到着した。今後、各地の被災地に届けられる。

 支援物資は、国土交通省近畿地方整備局(大阪市)や、大阪府市長会が府内17市から集めた災害時備蓄品の水やTシャツ、マスク、ブルーシートなど。同省中部地方整備局(名古屋市)の大型船「清龍丸」(4792トン)が支援物資を輸送するのに合わせ、一緒に運び込んだ。清龍丸は11日夜、呉市にある物流拠点「阿賀マリノポリス」の港に到着。12日朝、関係職員や自衛隊員らが積み荷を降ろした。当面は近くの倉庫に保管し、今後、必要に応じて県内などの被災地に配るという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ