全日空欠航は計619便に エンジン点検に伴い

 全日空は12日、ボーイング787の英ロールスロイス製エンジン点検に伴い、今月国内線の一部の便を欠航している問題で、23~31日に330便を欠航すると発表した。6日からの欠航の累計は619便となったが、8月は縮小できる見込み。

 追加の欠航は国内13空港を発着する便で、約5万8千人に影響が出る。8月も引き続き欠航が出るが、1日当たりの欠航便数は10~20便程度となり、7月(15~40便程度)より縮小する見込み。17日に発表する。

 旅客便とは別に、羽田-佐賀の貨物便12便も欠航する。

 全日空によると、メーカーの設計上の問題で、空気の圧縮機のブレード(羽根)に亀裂が入る恐れがあるとして、国土交通省の指示を受け順次点検している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ