岐阜、名古屋が39度予想、猛烈な暑さ各地で続く…熱中症への対策を

 日本列島は23日も高気圧に覆われ、東北南部から九州北部にかけての広い範囲で午前中から気温が上がり、日中の最高気温は35度以上となりそうだ。気象庁は各地に高温注意情報を出し、こまめに水分を取るなど熱中症への対策を呼び掛けている。午後には一部の地域で大気の状態が不安定となり、雨や雷雨となる所もある見込み。

 各地の予想最高気温は岐阜、名古屋の両市が39度、前橋、さいたま、甲府の各市が38度、京都市が37度。岡山市は36度、広島市、松山市は34度と予想されており、西日本豪雨の被災地でも厳しい暑さとなりそうだ。

 沖縄県の石垣島の西北西を進んでいる熱帯低気圧も23日中に台風となる見込みで、先島諸島や沖縄本島では強風やうねりを伴った高波に注意が必要としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ