前局長を受託収賄罪で起訴 東京医科大前理事長らは贈賄罪で在宅起訴

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は24日、文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)容疑者(59)を受託収賄(じゅたくしゅうわい)罪で、会社役員の谷口浩司(こうじ)容疑者(47)を受託収賄幇助(ほうじょ)罪でそれぞれ起訴した。東京医科大の臼井正彦前理事長(77)と鈴木衛(まもる)前学長(69)も贈賄罪で在宅起訴した。

 起訴状などによると、佐野被告は官房長だった昨年5月、臼井被告から東京医科大が「私立大学研究ブランディング事業」に選定されるよう申請書への助言などの便宜を受けたいとの依頼を受け、見返りに今年2月の入試で息子を不正に合格させてもらったとしている。谷口被告は面会の場を設け、佐野被告の助言を臼井被告らに伝えるなどして手助けしたとしている。

 刑法は職務権限を持つ公務員が賄賂を受け取った場合を単純収賄罪と規定。特別の計らいを依頼する「請託」を受ければ受託収賄罪が成立し、法定刑が懲役5年以下から7年以下へ引き上げられる。請託に応じて不正な行為をした場合は加重(かじゅう)収賄罪で、1年以上の有期懲役となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ