文科省汚職 接待費 贈賄側関係会社が負担か 川端容疑者「便宜ない」 飲食接待の立件ラインは…

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)に出向していた文部科学省の局長級幹部が逮捕された汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された医療コンサルタント会社元役員、谷口浩司(こうじ)容疑者(47)の関係会社が、局長級幹部への飲食接待費の大半を負担していた疑いがあることが27日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は関係会社側から接待費の領収書を押収。同社に負担させた経緯や局長級幹部との癒着など実態解明を進めている。

 特捜部の調べに、文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)=収賄容疑で逮捕=が「便宜を図っていない」、谷口容疑者も「飲食接待はしたが、(川端容疑者とは)友人関係であって賄賂ではない」「相手が払ったこともある」とそれぞれ容疑を否認していることも判明した。

 ■JAXA捜索

 特捜部は同日、茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センターなどを家宅捜索した。

 川端容疑者は、JAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月、谷口容疑者が役員を務めていた医療コンサル会社の業務に便宜を図った見返りに、東京都内の飲食店などで複数回にわたり計約140万円相当の接待を受けた疑いが持たれている。

 関係者によると、このうち大半の接待費については東京都西東京市内の電気通信工事会社が負担していた疑いがある。この会社は当時、谷口容疑者のコンサル会社から経営について助言を受けており、谷口容疑者の親族が役員に就いていた時期もあるという。産経新聞の取材に対し、同社は「社長が不在で答えられない」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ