豪雨被災地で避難ふたたび…被災者の疲労色濃く

 台風12号の影響で、西日本豪雨の被災地では29日、住民らが避難所に身を寄せ、自治体が一時警戒を強めた。大きな被害はなく、雨脚が弱まると、関係者は胸をなで下ろした。ただ、豪雨による大きな爪痕の残る中、追い打ちをかけるような台風の襲来に、被災者には疲労の色が濃く出ている。

 早朝から早め避難

 豪雨で土砂災害による甚大な被害が出た広島県の災害対策本部には、午前5時に担当職員全員が集合した。県は早めの避難を住民に呼びかけるよう自治体に指示。29日のピーク時には492カ所に6458人が避難し、約千人ほどに減少していた避難者が一気に約5千人以上増えた。

 このうち、豪雨の避難所となっている広島市安芸区の矢野南小では、この日午前11時時点で、前日夜のほぼ倍にあたる約110世帯約300人が避難。グラウンドには避難者がマイカーを駐車し、管理する男性は「これ以上車が増えると、グラウンドに入りきれない」と困惑した様子だった。

 豪雨で大規模な土砂崩れが起きた同県坂町では29日午前9時半、町内のほぼ全域にあたる約4800世帯1万人以上に対し、土砂に警戒する避難指示が発令されたが、午後に解除された。

 同県危機管理課の桑原伸夫参事は「被災直後ということもあり、早めの避難の意識が高まっていた」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ