西日本豪雨 「ボラ割」で復興支援 観光客減の倉敷・美観地区

 西日本豪雨で岡山県倉敷市は真備町地区を中心に大きな被害を受けた。市の観光名所・美観地区は難を逃れたが、宿泊予約のキャンセルが相次ぐ。夏の観光シーズンに影響が広がりを見せる中、「ボランティア割引」など、復興支援につながるサービスで利用者減に歯止めをかけようと試みる宿泊施設も登場した。

 旧江戸幕府の直轄領で、物資の集積地として栄えた美観地区。白壁の土蔵や川沿いの柳並木が当時の風情を色濃く残す。外国人にも人気だが、3連休中の今月15日、観光客の姿はまばらだった。大型ホテルの予約状況は例年に比べ3割減。地元観光団体によると、豪雨後の1週間で地区に乗り入れた観光バスの台数は前年の約4割にとどまった。

 観光客の減少とは対照的に、倉敷市には3連休中、全国から約5200人のボランティアが集まった。築約100年の古民家を活用した美観地区のゲストハウス「有鄰庵」は、ボランティア客に割安な宿泊プランを用意。通常1泊3780円からの料金が一律2千円になり、観光目的で予約してもボランティアに参加すれば割引を適用する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ