西日本豪雨 直後に「掃除隊」結成 安芸南高サッカー部員らSNS駆使して人手振り分け、復興アシスト

 西日本豪雨による土砂崩れで多くの被害が出た広島市安芸区では、地元の高校サッカー部員らが、発生直後に「掃除隊」を結成し、いち早くボランティア活動に取り組んだ。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じ、参加を呼びかけあった部員ら。助けを必要とする人たちのため、今後も若い力で復興を支える。(猿渡友希)

 「何かできることはないか」。7月6日夜、豪雨の被害状況をテレビで見た県立安芸南高校3年のサッカー部員、重(おも)川(かわ)紘輝さん(17)は、複数人と同時に通信できる無料通信アプリ「LINE(ライン)」のグループ機能を使い、同級生に呼びかけた。「流される民家を見て、衝撃を受けた。すぐにボランティアしなければと思った」と振り返る。

 手を挙げた5人でさっそく掃除隊を結成。7日朝には、安芸区内に住む部員の自宅近くの溝にたまった土砂を取り除きに向かったが、周辺の被害の大きさに言葉を失った。「多くの住宅が泥で埋まっていた。何とかしなければいけないが、被害の範囲が広すぎて全然人手が足りない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ