「豪雨と猛暑は30年に1度よりも発生確率が低いという意味で異常気象」 気象庁が7月の気象まとめる

 気象庁は1日、7月の天候まとめを発表した。平均気温は昭和21年の統計開始以降、7月の最高記録を更新した東日本を中心に全国的に上昇。降水量は豪雨や台風に見舞われた西日本で多く、特に太平洋側は平年の2倍の雨量となった。気象庁気候情報課の竹川元章予報官は「豪雨と猛暑は30年に1度よりも発生確率が低いという意味で異常気象だ」と総括した。

 気象庁によると、太平洋高気圧とチベット高気圧に覆われて晴天が続いたため、各地で気温が上昇。東日本(関東甲信、北陸、東海)の平均は平年よりも2・8度高く、7月の最高記録を更新した。西日本(近畿、中国、四国、九州)も1・6度高く、7月として統計史上2位の高温だった。

 また、梅雨前線や台風の影響で降水量は北海道の日本海側、近畿、四国、中国の山陽側で平年の2倍を超えた。沖縄は平年の3倍を超えた。

 東日本の日本海側の日照時間は7月としては統計史上最も長かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ