列島猛暑、岐阜でまたも「40度超」…3日も高温、熱中症注意

 日本列島は2日も高気圧に覆われて気温が上昇し、岐阜県多治見市で最高気温40・2度を観測した。全国の観測点で8月に入って40度を超えたのは初めて。3日も厳しい暑さが続く見通しで、気象庁は小まめな水分、塩分の補給や冷房の適切な使用といった熱中症対策を呼び掛けている。

 全国で40度を超えたのは埼玉県熊谷市で史上最高の41・1度を観測するなどした7月23日以来。

 気象庁によると、特に関東甲信、東海では日本海からの気流が山を越える「フェーン現象」の影響で気温が高くなった。多治見市では2日明け方の午前5時7分に25・0度まで下がり、約9時間で15度以上も上昇したことになる。

 他に気温が高かった観測点は、岐阜県美濃市の39・8度、名古屋市の39・6度、三重県桑名市の30・0度など。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ