西日本豪雨 宇和島の断水全面解消へ 保育園児ら水遊び歓声

 西日本豪雨による土砂崩れで断水が続いている愛媛県宇和島市吉田町地区で4日、試験通水が始まった。8月中旬までに市内全域の断水解消を目指す。保育園の園児は「水が出てうれしい」と笑顔だった。

 午後1時に通水を開始。宇和島市立吉田愛児園では、蛇口をひねると少しずつ水が出始めた。強い日差しが照り付ける中、園児たちは「冷たい」「気持ち良い」と声を上げ、つかの間の水遊びを楽しんだ。

 森口君代園長(57)は「暑い季節に水遊びをさせてあげられないのを残念に思っていた。水のありがたみを感じながら、大事に使いたい」と話した。 

 宇和島市水道局によると、断水が続いていた三間町地区は3日に全面解消。吉田町地区は4日に約1025戸の断水解消が見込まれ、徐々に範囲を広げる。水質検査が完了するまでは飲用ではなく生活用水として使用する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ