作業員ら飲み込んだ黒煙…多摩建設現場火災 「火気厳禁」の場所でなぜ?

 【衝撃事件の核心】

 ビルを飲み込んだ巨大な黒煙。7月26日、東京都多摩市の建設現場で発生した火災では、高熱の炎や煙に巻き込まれ、作業員ら40人以上が負傷、5人が命を落とした。鉄骨の溶断作業中の火花が燃えやすい断熱材に引火したことが原因とされるが、同様の火災は同じ施工者の建設現場で過去にも発生。なぜ、火災は繰り返されたのか。警視庁は業務上過失致死傷容疑を視野に、関係者から事情を聴いている。

 暗闇の中「パニック」

 「火事だ!」

 26日昼過ぎ。地下3階のさらに下、「免震ピット」と呼ばれる高さ150センチほどのスペースで作業していた男性作業員(44)は、同僚の叫び声に手を止めた。その直後、視界が真っ暗に。「停電だ」。ヘッドライトの明かりを頼りに上階につながる階段までたどりついたが、すでに濃い煙が立ちこめていた。

 無我夢中で階段を駆け上る途中、ボンベが弾けるような破裂音が聞こえ、「破片が吹き飛んでくるかも」と身構えた。周囲もパニック状態だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ