岐阜・下呂市で国内2位の41・0度…東海・西日本は7日も猛暑に

 日本列島は6日も東海を中心に気温が上がり、午後には岐阜県下呂市で国内2位タイの記録となる41・0度を観測した。東海や西日本では7日も高気圧に覆われて気温が上昇するとみられ、気象庁は熱中症対策を呼び掛けた。一方、前線の影響で大雨になった東北や新潟県では地盤が緩み、増水した河川もあるため土砂災害に警戒が必要だ。

 気象庁によると、41度台に達したのは埼玉県熊谷市で41・2度を観測して国内最高記録を更新した7月23日以来だ。41・0度は平成25年8月12日に高知県四万十市でも観測された。

 6日は他に岐阜県多治見市で40・4度、同県美濃市で40・3度、名古屋市で39・4度、三重県桑名市や山梨県甲州市、長野県飯田市で38・4度を観測した。日本海側からの風が山を下って熱を帯びる「フェーン現象」の影響もあるという。

 厳しい暑さは8月中旬以降も続きそうだ。気象庁は6日、「異常天候早期警戒情報」を発表。関東甲信、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州北部で11日ごろから、東北で13日ごろから、それぞれ1週間程度はかなりの高温が予想されるとして注意を呼び掛けた。

 一方、前線の影響で東北は大雨になった。新潟県加茂市では6日午前、1時間に84・0ミリの猛烈な雨を観測した。山形県金山町では24時間雨量が312・5ミリに達した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ