胴体だけの遺体見つかる 滋賀・草津の排水路 

 11日午前8時25分ごろ、滋賀県草津市志那(しな)町の農業用排水路で、「人体の一部が浮かんでいる」とランニング中の男性から110番があった。首などが切断された胴体部分だけの遺体で、滋賀県警は死体遺棄事件として捜査を始めた。

 県警草津署によると、首と両腕、腰から下が切断された人間の胴体とみられ、幅3~5メートルの排水路にうつぶせの状態で浮いていた。着衣や所持品はなかった。年齢や性別は不明で胴体以外の部分は見つかっていない。

 現場はJR守山駅の西約4キロ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ