台風15号、宮崎に上陸 九州、四国で暴風雨に警戒

 台風15号は15日午前3時前、宮崎県日向市付近に上陸した。今後、九州を北西に進み、15日午前中には対馬の近海まで移動するとみられる。

 気象庁は、九州や四国で大気の状態が不安定になるとして、暴風やうねりを伴う高波、大雨への警戒を呼び掛けている。土砂災害や河川の増水、氾濫に備えが必要だ。台風が通過した後も湿った空気が流れ込むため、雨が長く続き、雨量が増える可能性がある。

 15号は雲の範囲や強風域が小さく、接近してくると急に天候が変わる恐れがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ