日大・内田前監督 ついに事情聴取 逮捕の可能性も

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で急展開だ。警視庁が内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)から任意で事情聴取を行ったことが分かった。傷害罪の共謀共同正犯や教唆犯の疑いがあるとみて調べているが、2人は事情聴取に反則行為の指示を否定したとみられる。反則行為があった5月6日、被害者側の関西学院大学側が記者会見を開いた同12日から3カ月あまり。内田前監督らの逮捕に発展する可能性も出てきた。

 5月6日の関学大との定期戦で、パスを投げ終えて無防備だったクオーターバックに背後から激しいタックルで襲いかかった日大の選手。衝撃的な映像は日大を揺るがしたが、ここにきて事態が大きく動いた。

 警視庁による内田前監督への聴取は17日までに行われ、反則タックルの直接の指示に加え、井上前コーチを通じた指示についても否定したという。井上前コーチも反則行為を指示していないと説明しているという。

 これに対し、タックルを行った宮川泰介選手(20)は一貫して指示を受けたと証言しており、警視庁は宮川選手からも事情を聴いて事実解明を行う方針。

 悪質タックルで全治約3週間のけがを負った関学大の選手側は、すでに内田前監督と井上前コーチについて傷害容疑で刑事告訴しており、警視庁はこれまで日大関係者らから事情を聴くなどしてきた。

 7月末に日大の第三者委員会から最終報告が出たことを受けて、直接の事情聴取に踏み切ったとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ