ダブル台風接近 19号は九州南部に接近、20号は西日本上陸の恐れ 大雨長引き土砂災害警戒

 台風19号は21日、非常に強い勢力に発達して九州の南海上を北西に進んだ。21日夜から22日未明にかけて九州南部や鹿児島県奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう求めた。後続する台風20号は発達しながら23日から24日にかけて西日本に接近し、上陸する恐れもある。

 気象庁によると、二つの台風の影響で、西日本の太平洋側や東海は24日にかけて総雨量が多くなる。19号は22日に九州の西海上を北上し、23日未明には黄海に達する。

 22日朝までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、九州南部と奄美300ミリ、四国250ミリ、東海200ミリ、九州北部150ミリ、近畿120ミリ。その後も降り続く。

 19号は21日午前7時現在、沖縄・南大東島の北東約230キロを時速25キロで西北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ