台風20号、西日本上陸へ 土砂災害に厳重警戒

 非常に強い台風20号は日本の南を北上し、23日午後にも近畿や四国付近に上陸する見通し。強い台風19号の影響もあって総雨量が千ミリに達する地域もあるとみられ、気象庁は西日本豪雨の被災地や雨量の多かった地域を中心に土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。暴風や高波、高潮にも警戒が必要だ。一方、19号は黄海に進んで日本から離れるが、九州北部では雨が残り、引き続き土砂災害に注意が必要になる。

 23日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で東海、四国300ミリ、近畿250ミリ。その後も降り続ける。23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国40メートル(55メートル)、近畿と中国35メートル(50メートル)、東海25メートル(35メートル)、北陸23メートル(35メートル)、九州北部20メートル(30メートル)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ