台風20号 強い勢力、四国直撃…大雨や暴風、高潮に警戒を

 強い台風20号は勢力を保ったまま23日夜には西日本に接近し、四国付近に上陸する見通し。西日本豪雨の被災地や台風19号の影響などで雨量が多くなっている地域は土砂災害への警戒が特に必要だ。猛烈なしけになる海域もあるとみられ、気象庁は暴風や高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、西日本から東海にかけての南東向き斜面を中心に台風19号の影響を受けた20日以降の総雨量が400ミリを超える大雨となっている地域がある。今後24日にかけては台風20号の影響で非常に激しい雨が降る恐れがある。瀬戸内海沿岸では2~2・5メートルの高潮が予想されている。

 23日午後1時現在、高知・足摺岬の南東約230キロを時速約35キロの速さで北北西へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側170キロ以内と西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。

 静岡市の海岸では23日午前、大学生の男女3人の行方が分からなくなったことが判明した。波に流された可能性があり、警察や消防が付近の捜索を続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ