台風20号 通過後も雨が続く恐れ…四国直撃 大雨と暴風、高潮に警戒

 強い台風20号は勢力を保って23日夜に西日本に接近した。四国付近で上陸して24日未明に日本海に進み、25日には台風19号とともに温帯低気圧に変わって北海道に近づきそうだ。台風の通過後も雨が残る地域があり、西日本豪雨の被災地や降雨量が多かった地域では土砂災害への警戒が必要だ。台風が近づく海域では猛烈なしけも見込まれる。気象庁は暴風や高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、24日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で四国と近畿500ミリ、東海400ミリ、関東甲信250ミリ、中国200ミリ、北陸120ミリ。その後も北海道を含めて降り続ける。また、瀬戸内海沿岸では2・7~2・1メートルの高潮が予想されている。

 23日午後5時現在、高知・室戸岬の南南東約80キロを時速約35キロの速さで北に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

 23日は西日本の空港などを発着する350便以上が欠航した。また、鉄道もJR西日本が山陽新幹線や京阪神地区の在来線の最終を繰り上げるなどの影響が出た。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ