台風20号 企業、早めの退社促す 大阪北部地震の教訓ふまえ

 強い台風20号の影響で23日、関西の企業も対応に追われた。6月の大阪北部地震で交通機関に乱れが生じ、帰宅困難が問題となったのを踏まえて、早めに退社することを促す企業も多かった。24日朝の出勤についても、交通機関の状況などに柔軟に対応する方針だ。また、百貨店などは閉店時間を繰り上げて対処した。

 「早めの対処で帰宅困難のリスクを避けることは重要。午後からの会議を明日に延期したので、仕事も問題はありません」。事業継続計画(BCP)に従い、社員に午後3時をめどに早めの帰宅を促した田辺三菱製薬の大阪市中央区にある本社前で、経営企画部の白石隆啓さん(43)はこう話して帰途に就いた。

 東洋ゴム工業は、兵庫県伊丹市の本社などで就業時間を午後2時までとした。鉄道各社が運休や最終電車の繰り上げを発表したことをうけ、前日の22日から早めの帰宅を促しており、「帰宅困難が問題となった大阪北部地震の影響もあり、早めの判断をした」(同社広報)という。24日も交通機関の状況によって自宅待機するかどうか、各自判断するように指示をした。

 京セラの本社(京都市伏見区)やグンゼ(大阪市北区)、村田製作所(京都府長岡京市)なども相次いで早めの帰宅を呼びかけた。パナソニックも状況に応じて、在宅勤務などに切り替えるよう促した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ