台風20号 神戸・和田岬の灯台頂上部が消失 高波か強風が原因か

 神戸海上保安部は24日、神戸市兵庫区に設置されている神戸和田岬防波堤灯台の頂上にあるLED(発光ダイオード)灯器や太陽光パネルがなくなったと発表した。台風20号による高波にさらわれたか、強風で飛ばされた可能性があるとみて調査している。

 同保安部によると、灯台はコンクリート製で高さ約11・5メートル。同日午前10時ごろ、職員が巡回している際に灯器などが消失していることに気付いたという。

 灯台は神戸港付近を航行する船舶に位置を知らせるもので、同保安部は無線で航行警報を出して対応している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ