台風21号、勢力保ち4日に西日本上陸か 暴風雨に警戒

 非常に強い台風21号は2日、日本の南の海上で北上を続けた。西日本の太平洋側では台風接近前の3日午後から雨が強まり、4日は勢力を保ったまま西日本か東海に上陸しそうだ。気象庁は暴風雨や高波への厳重な警戒を求めた。

 気象庁によると、4日は台風が速度を早めながら北上するため、接近に伴って急に風雨が強まる。上陸後は日本海に抜ける見通しで、5日は北日本も大荒れになる可能性がある。

 4日夕までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、四国と東海300~400ミリ、近畿200~300ミリ、九州南部100~200ミリ、九州北部100~150ミリ。

 台風は2日午後6時現在、時速20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ