台風21号、勢力保ったまま北上、昼ごろ上陸へ 午前5時現在、高知県の足摺岬南190キロ

 非常に強い台風21号は4日、勢力を保ったまま北上し、昼ごろには四国や紀伊半島に接近し、上陸するとみられる。西日本から東日本の広い範囲で5日にかけて猛烈な雨や風となる見込みで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波などに警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は上陸後、4日夕に北陸から日本海へ抜けて北に進み、5日朝には北海道の海上へ達して温帯低気圧に変わる。速度を速めながら移動し、台風が近づくと急速に雨や風が強くなる恐れがある。

 5日午前6時までの24時間予想雨量は東海が500ミリ、近畿と関東甲信が400ミリ、四国が300ミリ、北陸が250ミリ、北海道が180ミリ、東北が150ミリ、中国が100ミリ。台風の中心が通るとみられる四国や近畿のほか、東海では局地的に、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る可能性がある。

 5日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国と近畿が45メートル(60メートル)、東海が35メートル(50メートル)、中国と北陸、東北が30メートル(45メートル)、北海道が28メートル(40メートル)、九州南部が23メートル(35メートル)、関東と伊豆諸島が22メートル(35メートル)、九州北部が20メートル(30メートル)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ