台風の「強さ」と「大きさ」 その意味とは?

 北西太平洋か南シナ海にある熱帯低気圧で、最大風速が秒速17メートル以上のものを台風と呼ぶ。33メートル以上44メートル未満は「強い台風」、44メートル以上54メートル未満は「非常に強い台風」、54メートル以上は「猛烈な台風」と表現する。

 台風の強さを気圧ではなく風速で決めるのは、風の勢いが被害に直結するためだ。台風の大きさについては、風速15メートル以上の強風域の半径が500キロ以上800キロ未満は「大型(大きい)」、800キロ以上は「超大型(非常に大きい)」と表現。「非常に強い台風」とは、中心付近の最大風速が44メートル以上54メートル未満で風速25メートル以上の暴風域を伴い、強風域の半径が500キロ未満であることを意味する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ