台風21号 金堂と五重塔も被害 世界遺産・法隆寺

 奈良県教育委員会は5日、同県斑鳩町にある世界遺産・法隆寺で、いずれも国宝の建造物である「金堂」と「五重塔」に台風21号の強風による被害が見つかったと発表した。

 県教委文化財保存課によると、金堂では建物上部に取り付けられた風鐸の舌部分(縦約19センチ、横約32センチ)が落下し、五重塔でも相輪につり下げられた風鐸の舌部分(縦約11センチ、横約7センチ)2枚が落ちた。両方とも修理は可能という。

 また、国指定重要有形民俗文化財の法華寺(奈良市)のカラブロでも、正面入り口に取り付けられた扁額「浴室」が落下して破損する被害があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ