台風21号 関空一部の国際線で運航再開「ほっとした」

 8日に国際線の一部が再開した関西国際空港では、朝から海外へ向かう旅行客や帰国する外国人観光客らが行き交い、台風21号の影響による閉鎖からにぎわいを取り戻し始めた。旅行客らは無事に渡航できることを喜ぶ一方、「旅行先から予定通り帰国できるか不安」との声も上がった。

 7日の国内線に続いて国際線が再開した第2ターミナル。午前10時ごろから、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションと全日空が搭乗手続きを始めると、大きなスーツケースを引いた旅行客らが列を作り、手続きを済ませて次々と出発口へと向かった。

 国際線再開第1便となる正午発のピーチ香港便に乗る奈良県大和郡山市の会社員、鈴木萌さん(24)は、当初予約していた便が欠航になったため、同じ目的地の同便に振り替えた。

 友人と2人で観光や買い物を楽しむ予定といい、「被害の様子をテレビで見て不安だったが、行くことができるようになってほっとした」と安堵(あんど)していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ