北海道震度7地震 札幌に活気戻る 新千歳は国際線も再開

 地震発生から初の週末を迎えた8日、札幌市では、停電がほぼ解消されたことに伴い、百貨店の食品フロアやショッピングモールなどが営業を再開。日常の風景が戻り始めた。

 札幌駅近くの大丸札幌店には、午前10時の開店前に約400人が並んだ。3人の子供と生肉などの食料品を購入した札幌市北区の主婦、藤野賀奈代さん(36)は「買い占めてはいけないと思い、家にあった食べ物で過ごした。今後どうなるか分からなかったので、ほっとしている」と話した。

 大丸札幌店によると、地震のあった6日と翌7日は全館休業。建物内の安全点検をしてから営業を再開した。おにぎりや総菜に人気が集まり、菓子を販売している店舗ではお土産を買い求める観光客も多かった。

 札幌市中央卸売市場(札幌市中央区)でも、一時休止していた競りを2日ぶりに一部再開した。

 市場は地震発生後の6日早朝、停電のため懐中電灯で照らしながら一部の魚の相対取引を行ったが、競りは中止。魚は氷で保冷して対応した。同日午後には電気が復旧したものの、流通や受け入れ状況が不明なため、入荷状況を見極めながら8日朝に再開を決めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ