北海道震度7地震 活断層との関係否定できず 地震調査委が新見解 地下深くで動いた可能性

 政府の地震調査委員会は11日、北海道地震の発生原因について、震源付近を南北に延びる活断層「石狩低地東縁(いしかりていちとうえん)断層帯」が地下深くで動いた可能性は否定できないとの新たな見解を示した。これまで無関係としていたが、震源断層の上端が当初の想定よりも浅く、同断層帯に近いことが判明したためで、引き続き地震への注意を呼びかけている。

 調査委によると、震源の深さは37キロだったが、震源断層は地表に向かって延びており、その上端は深さ15キロ付近まで達していたとみられることが余震の分析で分かった。

 震源の西側にある同断層帯は、地下で東側へ向かって緩やかに傾斜しており、過去の調査結果を基にすれば、震源断層とは交差していないとされる。

 その上で平田直委員長は「現在私たちが考えている断層帯が動いたわけではないが、断層帯の深い部分がどうなっているかは、この地震も含めて総合的に考えた方がよい」と指摘。同断層帯が地下深くで今回の震源断層とつながっている可能性も含め、より詳しい調査の必要性に言及した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ