横浜の80代男性 500万円特殊詐欺被害

 神奈川県警港南署は14日、横浜市港南区に住む80代の無職男性が特殊詐欺の被害に遭い、現金500万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、13日昼ごろ、男性宅に同署刑事課の警察官を名乗る男から電話があった。男は男性がどの銀行に口座を持っているかを聞き出したうえ、「ヤクザとその銀行の行員が裏でつながっている。捜査協力のため、預金額の半分程度を下ろしてみてほしい」などと告げた。男性が口座から現金を下ろすと、午後6時ごろに同署の別の警察官を名乗る男から、「ほかの人の協力もあって犯人を捕まえた。ほかの協力者が(男性と同じ銀行の口座から)下ろした現金の中に偽札があった。あなたの下ろした現金の中にも偽札があるかも」などと嘘の電話があった。

 午後10時ごろには、さらに別の警察官を装ったスーツ姿の20代後半とみられる男が男性宅を訪れ、「近くに車を置いてあるから、その中で調べて30分後に返しにきます」といい、現金500万円を受け取ると、そのまま行方をくらませた。時間になっても男が戻ってこないため、男性自ら110番通報し、事件が発覚したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ