西日本豪雨 山陽線、9月中に全線復旧 貨物輸送も再開

 JR西日本広島支社は14日、西日本豪雨で被害を受けた山陽線白市-三原の運行再開時期を今月30日に前倒しすると発表した。山陽線は7月の豪雨から3カ月弱で全線復旧する見通しとなり、貨物輸送も同日から再開する。

 JR西によると、山陽線は線路の盛り土の流出や斜面崩壊が相次ぎ、当初は10月中に復旧する予定だったが、沿線自治体などの協力により想定より速いペースで作業が進んだ。再開後は、被災前とほぼ同じ運行本数を確保できる見込み。山陰線経由で迂回輸送をしていた貨物列車は山陽線を通るルートに戻る。

 この他、呉線は安芸川尻-広が10月14日に復旧。安芸川尻-安浦の再開時期を来年1月から今年11月中に繰り上げる。

 芸備線備後庄原-三次と福塩線吉舎-塩町は10月4日から運行本数を減らして再開。福塩線は10月18日に上下-塩町に運行区間を広げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ