台風21号 大阪湾の高潮3・7メートル 伊勢湾に次ぐレベル

 大阪管区気象台などは14日、台風21号による大阪湾の高潮について現地調査した結果、兵庫県西宮市で約3・7メートルに達したと推定されると発表した。単純比較はできないが、名古屋市の観測地点で3・89メートルの潮位となった昭和34年の伊勢湾台風に次ぐレベルだったとみられる。

 同気象台は9月5~13日、大阪市や堺市、兵庫県西宮市などの大阪湾の沿岸部で、浸水跡の調査や聞き取りを実施。西宮市では約3・7メートル、堺市では約3・3メートルの高潮だったと推定した。

 気象庁のデータでは、台風21号のため、大阪港で3・29メートル、神戸港で2・33メートルと、いずれも過去の最高潮位を超える値が観測されていた。

 大きな浸水被害に遭った関西空港付近では、被災した影響で現地に入れず、調査ができなかった。大阪管区気象台の担当者は「今回の高潮発生のメカニズムを検証したい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ