北海道震度7地震 ジンギスカンの名店が再開 厚真の味に常連客「一番おいしい」

 最大震度7を観測した北海道厚真町で17日、郷土料理ジンギスカン用の羊肉を扱う老舗精肉店「あづまジンギスカン本舗」が営業を再開した。なじみの味を求め、道内各地から常連客が訪れた。

 地震で棚が倒れ、商品が散乱したが、片付けが進み、送電や生活用水の供給も復旧。精肉に必要な飲料水の十分な確保が難しく、品質を確認した冷凍パックのジンギスカン肉や豚肉のスライスといった一部商品に限り販売を始めた。

 3代目社長の市原泰成さん(29)は「町が少しでも日常を取り戻せたら」と汗を拭う。

 17日は町外からの客が多く、商品でいっぱいになった袋を両手に持って帰る人も。苫小牧市の会社員、塚田昌己さん(53)は「自分が知っているジンギスカンの中で一番おいしい。何か支援がしたくて来た」と笑顔だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ